基本的にはタブーの所が多い

多くの人が出会い系サイトやSNSサイト、ネット掲示板などで援助交際の書き込みを行っています。
しかし、基本的にはどのようなサイトであっても、援助交際はタブーのところが多いのです。
つまり、ストレートに援助交際の書き込みをしてしまうと、アカウントを削除されたり、強制退会の処分になってしまうのです。
また、書き込みだけでなく、メッセージのやり取りでも、やはり援助交際に関するやり取りをすると、サイトに見つかってしまい、警告を受けてしまうのです。
サイトによっては、そのようなメッセージ自体送れないところもあるのです。
なので、このようなサイトで援助交際の募集をする時は、隠語などを使って表現を曖昧にするのです。
そうすることで、サイト側も援助交際と判断できないので、特に警告をすることもないのです。
また、メッセージでのやり取りに関しても、基本的に最低限のやり取りだけして、あとは直接お互いのメールアドレスでやり取りすることが多いので、そこも問題ないわけです。

非常に重宝されているサイト

出会い系サイトは、その名の通り出会いを求めている人達が楽しむ場所です。
色々な人々と楽しむためには、出会い系サイトは非常に重宝されている事でしょう。
一般的にはメールのやり取りをしてから、気が合えば出会いへと進展するでしょう。
何故なら、出会う前に信頼できる相手かどうか知りたいと思うのは当然です。
その為にメール交換をするのです。
メールで会話をしていると、もしかすると、「出会いたいとまでは思わない相手だわ」と思うかも知れませんしね(笑)メールを交わせる関係になったからと言って、必ずしも出会う必要はありませんし・・。
それは当事者の自由なのです。
是非素敵な出会いを見つけて欲しいと願っています。
そんな出会い系サイトを援助交際目的で利用する人もいるので、気を付けてくださいと申し上げておきます。
18歳未満の未成年が大人とメールを交わしているかも知れませんよ。
メールを交わす程度ならトラブルにはならないでしょうけど、金銭的な話題が出た場合は、即刻相手をしない事です。
援助交際をしてしまってからでは遅いのですから。
または、大人の方から援助交際を持ちかけるなど、もっての他です。
犯罪行為だと言う認識を持って頂きたいのです。
金銭の受け渡しをしただけでも違法なのにその上未成年と淫らな行為をしたとなると、犯罪者の汚点がつきますよ。
援助交際プラス児童ポルノ禁止法で罰せられるのです。
考えてみた事がありますか?誘われた、誘った・・と言う問題ではなく、未成年と援助交際をした事実は消せません。
なかった事にしてもらえませんよ。
今まで上手くやってきた・・と思っている人がいるなら、その気持ちを捨ててください。
お縄を頂戴しないと分からないのですか?と言いたくなります。
危険な犯罪に手を染めてまで出会う価値があるのですか?普通の出会いを楽しもうではありませんか?素敵な男女の出会いを探しましょうよ。
出会い系サイトを援助交際の為に利用されるのは、とても迷惑な話です。

交際の目的を確認しよう

ある程度大人の女性が援助交際をするのと、時には未成年の若い女の子が援助交際をするのとでは、本来的な目的が異なっていることが少なくありません。
もちろんその大前提であるのが「お金」であるということにはまったく異存がないはずですが、しかし、「では、なぜお金が必要なのか」という部分に関しては、少なからず差異があるようです。
やはり女子高校生の場合、お金が必要ならアルバイトをすればいくばくかのお金を稼ぐことができるわけですが、しかしそれではまったく足りないという状況に置かれてしまっている女の子は、どうしても援助交際という発想に向かってしまうのです。
ましてや女子中学生ともなると、親からの小遣いだけで何とかやりくりしなければならないわけですから、どうしてもそういう方向へ発送が向かってしまうのも、理解できなくはありません。
もちろん、それが犯罪行為であるということは紛れもない事実ですから、年齢にかかわらず、援助交際はあってはならない行為であるという認識が絶対的に必要になることは言うまでもありません。

危険はつきものだと考えるべき

援助交際は男性にも女性にも、いろいろな意味での「危険」が迫ると考えるべきです。
その詳細については、おそらくこれまで援助交際をしてきたという人のほうが理解しているでしょうから、ここではあえて触れないことにしますが、しかし、一説によれば、援助交際の件数が減少してきているのは、その「危険性」を認識する男女が増えてきたからではないか、という考え方もあるようです。
援助交際がメディアやマスコミで盛んに報道されるようになってきたのが、90年代の後半のことでした。
おそらくあのときが援助交際のピークだったのではないでしょうか。
しかし、その後徐々に報道される回数が減少してきているという印象は否めません。
しかし、それは別に援助交際の件数が減少してきているということではありません。
そうではなく、単にメディアがとりあげなくなっただけのこと、つまりそれだけ援助交際が当たり前に行われるようになってしまったというのが現状なのです。
援助交際の危険性はだれもが理解しているにもかかわらず、なぜそういうことになってしまうのかというのがなかなか難しいところではありますが、しかし今こそ、「援助交際の危険性」がもっと認知されなければならない時期にさしかかってきていることは間違いないでしょう。

援助交際の現状について

援助交際というと、かつては毎日のようにマスコミがいろいろな形で取り上げていましたが、近年では、もちろんまったくなくなったとは言わないまでも、実際この話題がテレビや雑誌の記事にのぼる回数は激減してきているというのは間違いのない事実です。
しかし、これで援助交際の件数がひと昔前よりも減少しているのだという判断は非常に危ういものがあります。
というのも、マスコミやメディアというのは、とにかく鮮度の高いネタを入手し、視聴者に対して提供しなければならないという側面があるからです。
援助交際が全盛を迎えたのが、90年代後半であったということを考えると、もう援助交際が行われ、一般に認知されるようになってからは30年前後ということになるわけですから、いくら援助交際のような刺激的な話題であったとしても、これをいつまでも鮮度を保って報道することは不可能であるといえるのです。
したがって、援助交際は現状「ひと昔前よりも減った」のではなく、「ひと昔前よりも報道されなくなった」というだけのことであり、援助交際自体は今もって行われているのだということだけは、残念ながらいわなければならないのです。
やはり女子高校生や女子中学生が苦労せずにお金を稼ぐためには、自分を売ってしまえばそれですむという事実は今も昔も同じであり、また、そうした考え方に至るのもまた、今も昔も同じなのです。
援助交際が犯罪行為であるということはその昔よりも認知されるようになったとしても、これを助長するようなウェブサイトは増加傾向にあるわけですから、援助交際がそう簡単にはなくならないということになってしまうのです。

行う動機について

援助交際を行う動機は何か――おそらく、そんな問いには答えるまでもないという意見が大半を占めることになるはずです。
もちろん、多くの人が「女の子がお金を稼ぎたいと考えること」が動機であると答えるでしょう。
そして、男性側からすると、「若い女の子とセックスをしたい」という意識が援助交際に向かわせていることも間違いありません。
そこまではだれでもわかることです。
しかし、もっとこころの奥深いところを覗いてみると、ちょっとちがった動機も見え隠れしているのです。
特に男性の側からすると、よけいにその傾向が強まります。
つまり、「最近の女子中高生は妙に大人びて見える」ということがその動機につながっているのです。
大人に見える女性とセックスをしたいと考えるなら、はじめから大人の女性とセックスすればよいではないかという考え方も確かにうなずけるのですが、しかし、そこはやはり女子高校生であるとか女子中学生であるというところに非常に大きい付加価値があると、男性は考えるのでしょう。
昔のように「中学生らしい」とか「高校生らしい」というタイプの女子中高生がいなくなってしまったわけではないでしょうが、しかし、男性が犯罪を犯してまで援助交際をしたいと考える相手は、やはり「大人びて見える女子中高生」なのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ