優良掲示板サイトはこれだ!

ランキング1位FirstMail


ランキング2位プチ神募集掲示板


ランキング3位家出@伝言板


コンテンツが充実しているカワイイ子が集まる掲示版サイト。
様々な方法でパートナーを見つけ出すことが出来ます♪

サポートが非常に充実している初めてでも安心!優良サイト!
不安な要素が一切ないので、安心して利用可能です!

検索機能が充実している気になる人を一発検索できる掲示板サイト!
ご近所で理想の相手を探し出すことが出来ます♪


最新情報

2014年7月13日
関連した記事
よく使われる隠語
出会い系サイトでは禁止語といって、 サイト上で利用するのを禁止されている言葉があります。 例えば未成年を誘うような言葉であったり、わいせつな言葉であったり、 それはサイトによって様々です。 それらを使用していると、サイト・・・
2014年7月11日
関連した記事
商売としての交際
90年代後半に流行し、テレビや新聞でも問題視されていた援助交際。 ここ最近では名前を聞くことも少なくなりましたが、 完全に無くなったわけではないようです。90年代と違って、 今では携帯やネットが普及していますので、こうし・・・
2014年7月7日
関連した記事
売春の恐ろしいところ
援助交際は売春行為なのです。 売春行為は犯罪です。この犯罪なのだという意識の薄さから手軽に簡単に高額な報酬が もらえるとばかりに援助交際を安易に考えついてしまう女性がたくさんおります。 しかし、犯罪は犯罪なので発覚した場・・・
2014年7月4日
関連した記事
女性の場合の対処方法
援助交際には思いがけない危険が潜んでいるものです。 お金が欲しくて手っ取り早く高額を得るには「女を武器」にしてしまうのが援助交際です。 でもこれは非常に安易でかつ危険な行為であります。 まず第一に援助交際は完全な犯罪です・・・
2014年7月1日
関連した記事
発覚する時の要因
援助交際が発覚する理由として大きな要因は以下のごとくでしょう。 ・交際相手が未成年の場合 援助交際を求めてくる未成年者は大抵補導歴がある少女たちです。 一度補導されてしまうと、彼女たちに再犯防止の意味で、またきちんと更生・・・

よく使われる隠語

出会い系サイトでは禁止語といって、
サイト上で利用するのを禁止されている言葉があります。
例えば未成年を誘うような言葉であったり、わいせつな言葉であったり、
それはサイトによって様々です。
それらを使用していると、サイトに出入り禁止になったり、
罰則などが設けられてりしています。
そのため専門用語を使うことが普及したようです。
出会い系サイトのみに限らずインターネット上で使われることもありますから、
使用頻度の高い言葉は知っておいた方がよいでしょう。
例えばサポはサポートの略ですが、遊んだ見返りに物を与えることで、
援助交際のことを意味しています。
即アポは即日アポイントの略で、メール交換後すぐに会うことです。
ヒツムゴは非通知や無言電話の略でテレフォンセックスの相手を
探している時に使うようです。
放置とは返信をせずにそのまま自然消滅すること。
また直接会う時に、相手の女性を見て
見つかる前にこっそり帰ってしまうことです。
ロムラーとはReadOnlyMemberの省略で、
閲覧のみで書き込みや参加しない人のことです。
ワリキリとは割り切った関係や不倫目的のときによくつかわれますが、
援助交際を希望している場合も
ありますので、注意が必要です。
諭吉とは一万円札のことで2諭吉なら二万円ということです。
以上のようなものの他にもたくさん専門用語はあります。
ただ省略して使うことが多いようですが、微妙に意味が違い、
全く違った使われ方をするものもあります。
こうした専門用語はサイトなどに載っていますので、
事前に自分で確認しておいた方がよいでしょう。
援助交際や売春など違法行為も含まれていますので、注意しておく必要があります。

商売としての交際

90年代後半に流行し、テレビや新聞でも問題視されていた援助交際。
ここ最近では名前を聞くことも少なくなりましたが、
完全に無くなったわけではないようです。90年代と違って、
今では携帯やネットが普及していますので、こうした犯罪も形を変えて複雑化しています。
また、下着を売ったりするような少女も最近では減ったように思われがちですが、
表立って見える形で行われていないだけで、
水面下ではまだまだ無くなってはいないそうですね。
あまり一般的には感じられないような話でも、
女性同士で集まって深く話すと、10人か20人いれば何人かは商売の経験があるそうです。
体を直接売るような援助交際まではいかなくても、
下着やストッキングであれば簡単に売れてしまいます。
こうした商売では、相手から金銭を受け取れない場合も考えられるため、
前払いが基本のようですね。このような話に限らず、
若い女性に関係するモノは何でも商売の道具になると考えて良いでしょう。
通常の生活の環境では、そんな発想すらすることは無いと思います。
しかし、なにかのきっかけで知ってしまうと、簡単にお金を手に入れられるのが若い女性。
犯罪に巻き込まれてしまうことにも繋がりますので、周囲が気をつけておく必要があるでしょう。

売春の恐ろしいところ

援助交際は売春行為なのです。
売春行為は犯罪です。この犯罪なのだという意識の薄さから手軽に簡単に高額な報酬が
もらえるとばかりに援助交際を安易に考えついてしまう女性がたくさんおります。
しかし、犯罪は犯罪なので発覚した場合は逮捕されます。
逮捕されればその人の人生はもはやそこで終わったも同然でしょう。
そしてなによりも援助交際は密室にて行われることへの危険があります。
密室に見ず知らずの男性と二人きりになる…。これがいかに危険なのか、
女性たちはその恐ろしさに気付いていないから気軽に援助交際をおもいつくのでしょうが。
何時間の付き合いなのか、それは人それぞれでしょうが、男性にすれば高いお金を払っているのだから
その時間は自分のものという、なにやら女性を道具視する傾向があります。
「何をしても自分の自由になる」という妙な、卑劣な発想になるのでしょう。
会ったときは紳士的、もしくはそんな事をみじんも感じさせないような男性でも、
ホテルの部屋へ入るなり豹変する人もいるのです。
挨拶代わりに一発顔面を殴られたらどうしますか?
女性は気が動転してどうすることもできなくなるでしょう。
逆に男性の上に馬乗りになり殴り返すことができる女性なんてほとんどいないでしょう。
なにしろ男性は「この時間は自分が自由に好き勝手にしていいんだ」と思い込んでいるので、何をしてくるか分かりません。
動転している女性につけ込んで無理難題を押しつけてくる男性もいるようです。
手や足を縛られたらどうなりますか? 女性は身動きが取れなくなり、ますます男性の思いのままです。
一円も払わずにその場を立ち去る卑劣で卑怯な男性だっているでしょう。
また、よくあるのが「行為をビデオに撮る」ということです。
ビデオに写っているのは紛れもなく素人の女性です。
この手のビデオは裏ビデオとしてそれなりの世界では非常に人気が高く、またよく売れるそうです。
自分の恥ずかしい恰好が、また自分の顔が日本全国に出回るのです。
恥ずかしいを通り越して自殺してしまいたくなるでしょう。
実際にこれが原因で自殺してしまった女性もいるくらいなのです。
男性がストーカーだとしたらどうしますか?
女性がシャワーをあびている最中に女性の所持品をあさり、個人情報を携帯などで記録します。
後日、この事をネタにつけまわしたり、または恐喝行為にまで発展してしまう例もあります。
覚せい剤をもっている暴力団だとすると事態は最悪です。
後々の恐喝はもちろんですが、暴力を振るったあげく覚せい剤などをうたれるケースもあるのです。
そうして女性をシャブつけにして、覚せい剤欲しさに援助交際で儲けさせ、そのお金を巻き上げる…。
こんな事になれば身も心もボロボロになってしまいます。
現代はストレス社会です。
何を考えているかわからない人が普通の顔をして歩いています。
殺人嗜好の異常者などには密室はまさに恰好の場所でしょう。
しかも相手はお金欲しさに喜んでついてきてくれるのですから。
何かがあり大声を出してもすぐに人がきてくれる保証など無いのです。
こんな危険な状態で自分の身を守りとおせますか?
どれだけ危険なのかということの自覚がなく、
今日もどこかで援助交際が行われているのかもしれません。
もし被害に会われた女性が勇気を出し、「こんなことがあった…。
援助交際は恐ろしく、危険な行為だから絶対にしてはいけない」という、
体験談がたくさん増えれば被害に会う女性も少なくなるのでしょうが…。

女性の場合の対処方法

援助交際には思いがけない危険が潜んでいるものです。
お金が欲しくて手っ取り早く高額を得るには「女を武器」にしてしまうのが援助交際です。
でもこれは非常に安易でかつ危険な行為であります。
まず第一に援助交際は完全な犯罪です。発覚すれば女性にも罰則が科せられます。
そして相手の男性は見ず知らずの人なのです。
どういうもくろみでこの行為に走ったのかわかりません。
もしかしたら、快楽殺人を考えているかもしれません。
もしかしたら、暴力団の一員で覚せい剤などを注射されるかもしれません。
もしかしたら、行為のビデオが「裏ビデオ」となって、それなりの市場に出回るかもしれません。
この手の裏ビデオは素人が出ているということもあり、非常に人気があるそうです。
その事がきっかけで自殺してしまった女性もいるくらいです。
見ず知らずの男性と密室に二人きりになるというのがどういう意味をもたらすかを一度考えてみてください。
力で迫られたならどう頑張っても女性に勝ち目はありません。
中には「ちょっと後ろを向いて」と言われ背を向けた瞬間に手錠をはめられ、暴力をふるわれた挙句、一円も払わずに
逃げられたという例もあります。この場合警察へ行けないのは当然のことです。なにしろ援助交際は犯罪なのですから。
自首する覚悟でゆくしかありません。
また相手がストーカーに変貌する場合もあります。
自分の携帯番号、メールアドレスは絶対に教えてはいけません。
また、相手が車で来たのなら車番、車種をメモしておきましょう。
密室に入ってからは何が起きるかは誰にも予測できません。
女性が考えているとおり、セックスをしてお金をもらって、サヨウナラなら万事OKなのでしょうが、
そうならない場合の為にも相手を突き止めるために有効な番号等は控えておきましょう。
怪しそうな男性と察知したら、その場から去る事を肝に銘じて下さい。
ちなみに見た目が優しそうで常識を備えた大人の雰囲気をかもし出す男性、しかも要求金額よりも高額な場合は、要注意です。
何を考えているか不気味です…。密室に入ったら急に変貌するパターンの男性です。
なにしろ男性には力では勝てないのが女性なのであり、密室に入ったら女性は不利になるのだということは、よくよく頭に入れておきましょう。
お金が必要、お金が欲しい、地道にバイトをして稼ぐよりも手っ取り早く、しかも高額な報酬が得られると思い援助交際に走る女性がいます。
しかし援助交際につきまとうのは危険なリスクだらけなのです。

  • 相手が暴力団だったら

見た目は普通の男性でも、仮に暴力団の一員だとしたのなら覚せい剤を持ち出すかもしれません。
近年では「シャブ漬け」にして、逆に女性に稼がせる極悪非道な人間も少なくありません。
万が一、覚せい剤などを打たれたりした取り返しのつかないことになります。

  • 快楽殺人を好む

精神異常者の男性の実話です。その異常者は射精をすると同時に相手の女性の首を締めたがる…。そんな事件が過去にありました。

  • ストーカーに変貌する

知り合った女性の事が忘れられずにストーキングをしてしまう…。
そんな男性も少なくありません。
女性がシャワーを浴びている最中に個人情報となるものを女性の所持品の中から探し出し、後々つけまわします。
ひどい場合は「このことをバラすよ。バラされたくなかったら、もう一度会ってよ〜」などと言ってしつこく追いかけて来ます。

  • 行為をビデオに撮影される

行為の様子をビデオに盗撮される可能性もあります。裏ビデオとなり、女性の恥ずかしい行為が日本中にバラまかれてしまいます。
この事が原因で自殺してしまった女性も実際にいるのです。
この手のビデオは女優が出演しているのではなく、素人なので非常に人気があるということです。

  • お金を払ってもらえない

密室では何が起きても不思議ではありません。その男性がSM趣味だとしたら大変です。「僕って何故か縛りたくなる習性があるんだよね…。ちょっと手だけでも縛っていいかなぁ」
などと言われてその要求に応じたら最後です。女性は身動きが取れなくなり、暴力行為で迫られたりして、挙句の果て逃げられた…なんてことも中にはあるようです。
援助交際はお金をもらう代わりに密室における時間は男性の自由となるのです。
女性は残念ながらそれに従うしかないのです…。
そして密室になったら何が行われるのかは誰にも予想がつきません。
命に及ぶ可能性もあるのです。
一時のお金欲しさに貴女の大事な人生をかけてまでやる行為だとはとても思えません。
どうしても援助交際しか、お金を稼ぐ方法が見いだせないのなら、それ相当の覚悟の上で臨んでください。

発覚する時の要因

援助交際が発覚する理由として大きな要因は以下のごとくでしょう。
・交際相手が未成年の場合
援助交際を求めてくる未成年者は大抵補導歴がある少女たちです。
一度補導されてしまうと、彼女たちに再犯防止の意味で、またきちんと更生させるためにも
常に補導員がマークしています。
そんな少女に手を出してしまえば、まちがいなく彼女たちの口からバレてしまいます。
はぶりがよくなった少女たちの変貌は補導員のアンテナにひっかかってしまうのです。
補導員たちはあの手この手で誘導尋問をしかけてくるでしょう。その際に一番の手掛かりは携帯電話です。
「これは誰なの?」ときつく追及されれば時間の問題で男性の名前を挙げてしまいます。
携帯会社は状況証拠固めとして協力を惜しむことなく男女の携帯の発着信履歴を全て提出するでしょう。
また、未成年の少女が何か別件で事件を引き起こしたとします。
その時点で参考証拠として携帯を調べられたり、「他にも何かあるんでしょう」の問い詰めに耐え切れず、
男性との援助交際をバラしてしまうということもあり得ます。
未成年の援助交際はこの様にして発覚していきます。
・ラブホテルからの通報
ラブホテルは援助交際の巣でもあります。
警察としては、ここを叩けば援助交際をしている不道徳な人たちの早期検挙にもつながるということで、
ラブホテル規制法が施行されました。
ラブホテル経営者はいかにも未成年者と大人のカップルを見かけた場合、二人の姿を防犯カメラで録画したり、
男性の車の車番や車種を警察に通報する義務があります。
こうなれば後日警察からの問い合わせが確実に男性の元へゆきます。
このパターンで検挙されている男性も少なくありません。
援助交際は売春です。売春は犯罪です。逮捕されれば前科一犯です。
職も家庭も全てを失います。
たった一度の快楽で今まで築いてきた人生のほとんどを失うのです。
今、もし援助交際を考えているとしたら是非踏みとどまることをお勧めします…。

サブコンテンツ

このページの先頭へ